OIDEYO!東村山

しごと

人生「庭師」という選択!芯光庭苑が庭師募集中!

2024年02月20日

芯光庭苑では、年齢問わず(若者、60歳以上)、また市外や国内、海外から広く庭師を歓迎しています。
代表の伊藤氏は世界中を旅し、庭師としての豊富な経験を積みました。
「私たちはお客様に真摯に向き合い、自然の喜びを共有し、庭を通じて贅沢な時間を提供することを使命としています」
日本の伝統を未来に継承する一翼を担いませんか? 

◎庭師の仕事とは?
庭師の仕事は、幅広く、個人宅の庭園から公共空間の景観造りまで様々です。庭造りでは樹木の剪定や庭園デザインの高度な技術が求められ、公共施設では緑化や創造的なデザイン力が必要です。

また、細部まで気配りが求められる植物の維持管理も庭師の大切な仕事です。柔軟な作業時間で植物たちと共に働き、庭の魅力を広めるお仕事です。

一緒に自然と調和する素晴らしい仕事に挑戦しましょう!

60歳「庭師」という選択!新たな人生の扉を!

いま、庭師の仕事が注目を浴びています。長らく企業勤務でノルマや人間関係に疲れた方々にとって、庭師という職業は魅力的な選択肢となっています。

過去に自然の中で生活していた世代が、第二の人生を迎える中で「昔のように自然に触れたい」という願いが芽生えているのです。 価値観や考え方の変化も庭師の仕事に影響を与え、かつては若いうちから修行が必要でしたが、今では一定の年齢であっても庭師に転身できる状況が整っています。

学習のスピードや身体の不自由さを気にすることなく、60歳以上の方々にとってはまさに「元気な時期」なのです。 新しい挑戦に興味がある方々にとって、庭師は期待以上の可能性を秘めています。定年後の新たなキャリアとして、自然と対話し、心豊かな生活を築く一環として、庭師の道を歩んでみませんか?「60歳以上で庭師になるには、自然への愛が大切」。新しい人生の扉を開く冒険が待っています!

◎庭師になるための条件

60歳以上で庭師になるには、自然への愛が大切」 日本は少子高齢化であり、日本伝統文化を継承するのは、若い人だけではありません。
庭師になるための条件は以下の通りです。

1. 自然が好き: 
庭師には特別な資格は必要ないが、最初の条件は「自然が好き」であること。自然の中で仕事をするため、その環境を楽しむことが重要。

2. プライドを捨てられる: 
庭師に転職する際、前職の地位や待遇にこだわらず、「ゼロから出発できるかどうか」が重要。プライドを捨て、若い先輩に指示を受け入れる柔軟性が必要。 日本の伝統文化を守り、次世代に引き継ぐためには、

3. 健康で体力に自信がある:
 庭師の仕事は屋外で行われるため、「健康で体力に自信がある」ことが求められる。屋外での仕事は、体力的な要求が高いため注意が必要。

4. 人当たりがいい: 
意外かもしれないが、「人当たりのよさ」が重要。庭師の仕事では施主との良好な関係が必要であり、コミュニケーション能力が求められる。 

60歳以上の経験豊富な方々も庭師として活躍できます。
是非、庭師を体験してみてはどうでしょうか。

詳しくは、芯光庭苑のHPまでお問い合わせください
お問い合わせ|芯光庭苑(造園工事、外構工事、エクステリア、ガーデニング) (shinkouteien.com)

ページトップへ