OIDEYO!東村山

まち

「豚壱」、食を通じた地域の蘇生への使命

2023年12月27日

「うなぎの押田」、明治元年(1868年)に誕生したこの名店。その歴史は長い年月をかけ、地元富岡町の方々に愛され、地域の一部として深く根付いてきました。しかし、東日本大震災の影響でこの名店は一時閉店を余儀なくされました。社長自らが避難生活を送りながらも、復興の中で見えた課題がありました。飲食店がない中で作業員や被災者たちに温かい食事を提供できる場所がなかったのです。

その瞬間から、豚壱の使命が芽生えました。被災地域に元気とぬくもりを届けるため、2013年6月に豚丼専門店として再スタートしました。伝統のうなぎのタレをアレンジした豚壱の豚丼は、香ばしさと甘辛さが絶妙に調和し、食べる人々の心を掴んで離しません。

「うなぎの押田」の歴史を誇る店として、私たちは引き続き、食を通じて地域社会を活性化し、地方創生に貢献する使命を胸に日々努力しています。2024年春には、この味を全国の方々に届け、地域を元気にするために店舗を拡大します。

「豚壱」は新たなる旅に踏み出し、食を通して地域を蘇らせる使命を果たしていきます。

OIDEYO東村山との連携で、地方創生への足跡を刻んでいく姿勢を強調し、未来への期待感を高めています。是非、この旅に共感し、豚壱の味わいと共に地域の未来を築く一翼を担っていただければと願っています。

株式会社押田(豚丼「豚壱」)
豚丼 | 豚壱 | 楢葉町 (butaichi.net)

ページトップへ